2006年09月03日

イギリス人の地下活動とその日本国土における人口入れ替え術について


      イギリス人の地下活動とその入れ換え事件の手口

 理由 潜入集団等に日本人の戸籍を与えようとしている。理由をいろいろと言い立てているが、そんな膨大な収奪作戦をやればやる程に何かの準備が成っているというものではない。

 方法 色仕掛けの飲食。地下室ホテルの部屋に入る前入ってから。眼の前の隠れた電磁波銃で心臓を撃つ仕掛け。その位置につかせるあるいはその前を歩かせるいろいろな工夫。
 他にスポイト注射、催眠剤手当て等。

 場所 銃設置の場合。地下であるが数多い。組織開発であるから、どこにでも設置できる。コピー係り周辺は環七のように設備が巡っているという。
 入ってみても、障壁の陰や箱の中に隠れていて見つからないと思う。

 安全に、見て確かめるということのできない仕掛けである。
 そっくりさんが生まれ換わるのであるから、着々と計画的で、準備ができ次第順番に狙われているようである。大量に遊びたいのである。

 以下地域の銃設置箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみる。

 1 雑談 たとえば、親しげなきまじめな感じの人に誘われて、話し合い中にも撃たれる所だという。「何もない」という所。

 2 一般に、案内人を疑うことである。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。
 xxでなくしようとか、あれxxだとか言って誘う人がいるようだが、だましである。地域の人のようでも生まれ替わりのそっくりさんの場合もある。xxと言う時、xxやった奴という洒落の場合がある。
 この無目的大量ポルポト作戦の遂行に、Y町関係者も頼まれているようだという情報がある。
 「そごさ行ぐべ」と言うだけの誘いに、かえって警戒心をなくして連れられる場合もあるという。妥協的に「ここでいい」とも言う。
 また、銃がある事を教えてるみたいなことを言って信用させ、「ここまでだ」「そごばりだ」と言ったり、安全な「縦貫道」だなどと嘘をついて、罠にはめているともいう。
 銃眼が身近に何十箇所もあると思うべきである。そして何十人も隠れていることもできる。そういう環境で、「そこだ」と特定的に指差す。
 とにかく今は逆襲戦の大芝居を打つところなので、xxいないふり、xx弱いふり、そしてxxでないふり。「そこだげだxx」「じゃ、xxねな」(性搾取の相手がxxでないと言っているだけのことがある)「やめだxx」(xxやった奴だ)「xxだばだめだな」(確かめてもいる)
 たまねぎのように入れ替わって別の人別の誘い口が出て来て、xxから守ってくれるような事を言い、遂には信用させ、どうしても穴に引っ張り込もうとする。
 仲間が何人もいると思っていたのが、実は全員犯人側で、穴の中でギラギラと化けの皮をはがしているという。もはや人殺めなのだから。
 地下から届く声は全部、獲物を釣る為のアナウンサー放送である。
 要するに、回りにいる地下係員は全員、地域の人に化けたりして、今あなた一人をだまし狙う為に、指示を仰ぎだまし討ちを受け持っている人達であると思っていい。

 4 挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じ道路の並びに光カプセル。Y堂薬店から進み入る。散弾銃とも言われていた。

 5 寄るの、夜のあるいは独り進む 衝立。

 6 サイド 写真展示室。忙しい人を誘う場合。

 7 製造所から 

 8 ある時は、輪投げ投票などの簡単な誘いで。壁に向かってある姿勢を取らせる。最近移動して、コピー係り住居廊下下玄関側に構えているという。放送室みたいに高くなっているという。

 9 奥 そこxxなんだよな、などと言って一人で入らせる所らしい。隘路点での射撃であったらしい。

10 安全に思っている「機関室」から、そこで、とかと誘い込む死地への通路がある。4と同じだという。

 11 ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所で、観客が招かれていた。操縦室への入り口だと言って立たせる所でもあるらしい。箱の中から狙っていた。他方向に休む所。月見。

 12 水浴 戯れに願いを掛ける所だったという。脱衣棚。ベッドの側で女性が待っていて、気前のいい大物の先生方を釣っていたという。12 罵声 壁に向かって声を上げる所だという。11と同じ場所にあるらしい。

 13 注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階か。
 
 14 電磁波設備の係りの誘い。あちこちにあると思われる。

 15 M公民館近辺、逆進。I銀裏、箱射撃。館風建物から灯油販売所近辺。ここから、と言って東京からのお客さん方を誘い入れていたという。またK銀裏喫茶店駐車場下。

 23 寝台 寝台上か。地下では飲まない、眠らない、くっ付けない。

 24 三角屋根 水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあると聞いていたが、入り口に据え付けられていたそうである。隘路点を這って抜け出てきた人もいたそうである。隣に市民独自作戦を見せかける市民ホール。隣の地下現場におびき寄せる手であろう。

 26 嫁に行こうと言って物を作る真似をする所。屋台ともいう。閉じ込めてしまうような所もあるという。

 27 直進路 何が目当てかまっしぐら。15と同じく難死路ともいう。小部屋。

 28 待つかと聞いて撃つ所。「ここから帰れる」

 29 道沿い ローソン。「ここでいい」あるいは興味から。  

 30 元市農協跡、スーパー店舗地下。同系列他店舗駐車場下に遺体展示室の噂。他系列のタウン駐車場下には遺骸の山があるという。

 32 K市立中央図書館周辺。

 34 館端東寮中学校近辺。展望写真ということで誘っていたという。

 35 倶知内国道沿い牛籠城近辺。

 36 H市市立博物館駐車場下。W町Getto。

 37 Y町町立文化ホール近く民家から。

 40 中が見えるとかと言って誘い入れる所はガス室であったという。薬物入り飲食で接待する部屋もあったという。

 41 S村 碧玉寺向かい側駐車場下。42 解体所 各地点と広域につながっている。  

 43 K川側小学校。44 流通センター東南荻野目住宅地。 

 50 所構わぬ地下室遺棄事件も馬鹿にならないという。日光とか法隆寺とかの地下まで囁かれている。日光では飲酒事件だったという。

 51 東京五反田方面。日本国各地で売春作戦が展開されているようである。

 犯人は折角作った設備であるから利用したいのである。
 3分間死んだ振りという騙し手もあったそうである。旅宿中、睡眠薬入りの膳に就いてそのまま帰らぬ人となった事件もある。
 また、入れ換わり家族による家庭内「ないさつ」。いろいろな個室地下室無音作戦があると思われる。
 何かうまい作戦があるぞと言って女性を誘っているが、絶対におびき寄せの手である。    
 ここで帰れるとか、行かなくていいからとかと言う、気休めの誘い術もある。
 今は訪問者を、最終的には眠らせてしまうだけの地下への誘いとなっていると思うべきで、誘う人なら誰でも犯人と疑うべきである。
 全地下組織の最後の方角として、日本国日本人被害の図が描かれようとしているのではないだろうか。
 自分がいなくなったら元も子もないのだから、脅されても潜るべきでない。皆と相談して陸でがんばるべきである。穴で死ぬ事は、国を売る事である。自分のそっくり相続者が更に縁者周囲の人を釣ろうとするであろう。
 にせもの市民として暮らして行くために、残った家族も邪魔にするような残忍さがある。
 顔を見ただけでは安全と思うことはできない。
 そっくり人間を練成する技術を持った組織が、犠牲者の戸籍を大量に外国人に与えようとしているのである。それだけの人数が背後に控えているのである。
    
 地域に配られていたものをコピーしました。とりあえずご参考までに。
                     ボランティア市民グループ
posted by レム at 14:10| Comment(44) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

閉じ込めてしまう部屋があるそうです

パンチグッド(上向き矢印)


今までに挙げてきた事件の手口として、電撃、麻酔の二つがあったが、数が少ないようであるが、もう一つ地下室に閉じ込めてしまう仕掛けもあって、ある種の有名人が囚われてしまっていたようだという情報がある。
恐ろしい、痛ましいことで、人を人と思わない乱暴な遊び人の仕事である。

侵入家族に密かに殺められて、前の家族が全滅してしまっているようだという、「内殺事件」も、二三聞いたことがある。
後に他のそっくり家族が入って、何事もないみたいに全くの赤の他人達が、入れ替わってその家屋敷に着生し、暮らしているのである。

遣り口は分からないが、電撃設備のない、穴に「追っ込む」事件も所々で起きていたようである。




posted by レム at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

女性を麻酔術にかけて「医務室」に運ぶ野蛮について

exclamation

exclamation×2exclamation×2 タコ注射

女性の被害は意識不明事件によることが多いと思う。
前に、東京の日暮里辺りの施設で、朝から、犠牲者の女性を高校生の性遊びの玩具にしていて、陰唇遊びとか、妊娠遊びとかと名づけていたという話を聞かされたことがあった。
例の差別政策に塗れた工作員達が、言う事を聞かない女性を懲罰するような意味合いで、意識不明室に閉じ込めたのかもしれない。
もちろん組織開発の麻酔術の確立が指導したものに違いない。
刑務所病院だか精神病院だかで、意識不明状態にされた女性が、男の看護人に常習的に性行為を働かれて、何度か妊娠までさせられていたという事件が発覚して新聞に載ったことがあった。
それがヒントだったのかもしれない。
逆に、そういう風習が漏れ出た一例なのかもしれない。
刑務所などの施設で性暴行が働かれているという噂をよく聞かされることがある。
地下活動の世の中の乱れによるものであろう。

とにかく、客観的な報告に徹して申し上げれば、コピー係りの近辺に医務室が二つある。
事件の内容を見れば、最初は、全体の「イド」展開作戦の前哨戦として、意識不明事件が編まれていたことが分かる。
すっかり後で割れる事件である。
被害者と担当者と。
隠しビデオまで取り付けていた所がある。
若い女性の意識不明事件に限ったことではない。
全体的に、「イド」逆襲大作戦のバネになるような事件の指導が下されていた。
言い訳がましくて申し訳ないのであるが、医務室出の者が、コピー係りの支えについてらか、と言ったというのが本当のようであったらしい。
その人の場合、ついていないので良かったというのが本心なのかもしれない。
何にしても、組織の技術と設備の用意と指示に従わされた多人数の作戦であったはずである。

前に寝台でも女性がやられている、という報告を記したことがあった。
銃のことばかり考えていたので、しんだいには銃が二台据え付けられている、と書いたのであるが、ここは麻酔をかける所だったのである。
応援に潜った女性が、相手をしている時に、タコ針注射を受けてしまうのであるらしい。
乳房とか唇とかに刺すものだという。
コピー係りを指差すが、あからさまに、失礼ながら、痛ましくも、無駄に忙しい作戦である。
わざと19歳のうら若い女性に限って遊びのように狙わせていたことがあった。
色欲目的など嘘みたいな穢れた嫌なもので、せいぜいが事件冒険主義の奥しかなかったであろうが、今では大人数の控えを背景にした入れ替え作戦の、戸籍狙いということがある。

相手をしている最中ばかりでなくとも、三分間死んだ振り芝居の誘いで眠らせてしまうこともあったらしい。
旅館などの運動員だけの部屋で食事をしている内に、意識を失ってそのまま帰らぬ人となってしまったという例もいくつかあるようだ。



posted by レム at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

人類の未来アジアの未来



仙台市内に専門設備があるというのは誤りでした。
「おっこむ」という事件は所々に起きているという情報です。

国境侵犯者数の継続的増加は止まったが、現在の高いレベルで続いているようだという報告がありました。




posted by レム at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

はてなダイアリーに運動の歴史情報が留められています


  ここにいきなり安全情報をはさみます。

  追加情報がありましたので、再度ご報告いたします。 


           イギリス人の地下活動とその銃設備と麻酔術について

理由 侵入集団に日本人の戸籍を与えようとしています。理由をいろいろと言い立てていますが、そんな膨大な作戦をやればやる程、現実に誰が偉くなっていえるのでしょう。

方法 眼の前の隠れた電磁波銃で心臓を撃つ仕掛けで、銃の前に立たせる色々な工夫。電磁波催眠もあります。

場所 地下ですが数多いです。組織開発であるから、どこにでも設置できるでしょう。

入ってみても、障壁の陰や箱の中に隠れていて見つからないと思います。

 以下地域の銃設置箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみます。

1 雑談 たとえば、おとなしいきまじめな感じの人に誘われて、話し合い中にも撃たれる所だという。案内人を疑うことである。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。イドでなくしようとか、あれイドだとか言って誘う人がいるようだが、実は嘘で、その人も生まれ替わりのそっくりさんなのである。「そごさ行ぐべ」とあまりに簡単な誘いに警戒心をなくして、連れられる場合あるという。また、銃がある事を教えるみたいな事を言って信用させ、「ここまでだ」と言って銃の前に立たせているらしい。ここは「何もない」所。

2 外灯 陥没路 街灯の下か。陥没部が見える穴。Y町の人が狙われていた。

3 挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じ道路の並びにも挟撃地があるらしいが、そこは生きて返って来る所で、出たり入ったりしているという。

4 寄るの、夜のあるいは独り進む 穴に入ってから、更に好奇心で銃の前に誘う所。

5 サイド 写真展示を見ないかと誘っていた所。

6 製造所近辺 会合する所らしいが、更に別の部屋に連れて行く所らしい。

7 ある時は、投票などの簡単な誘いで。壁に向かってある姿勢を取らせる。

8 奥 そこイドなんだよな、などと言って一人で寄らせる所らしい。安全な気がして入る操縦室から、そこで、とかと、ちょいと誘い込まれる所らしい。

9 ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所で、観客が招かれていた。操縦室への入り口だと言って立たせる所でもあるらしい。

10 水浴 戯れに願いを掛ける所だったという。脱衣中か。また、ベッドの側で女性が待っていて、気前のいい大物の先生方を釣っていたという。12 罵声 壁に向かって声を上げる所だという。10と同じ場所にあるらしい。

13 注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階か。 

14 電磁波設備の係り。自分から影響を与えたくて入る人もいる。

16 ビデオ室 あいつの恥ずかしい所を見よう、等と誘うところであったという。

21 倉庫 工場の倉庫のように天井が高いという。軒下ともいう。

23 寝台 棚に衣類を置く時に狙われているか。寝台上でも狙われているか。

24 三角屋根 水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあるというが、ここのことか。

25 遠足。入り口から離れているからか。応援に女性の方が誘われていたという。

26 嫁に行こうと言って物を作る真似をする所。屋台ともいう。中では飲まない。

27 直進路 何が目当てかまっしぐら。15と同じく難死路ともいう。

28 待つかと聞いて撃つ所。有名な仏俳優がここで撃たれたらしい。

29 道路脇 カソリック教会裏 設備係り。  

30 元市農協跡、店舗内地下。イドやるべ、と誘う所もあったというが、他店舗敷地内には遺体を展示しているという噂がある。

32 K市市立中央図書館周辺。33 市役所下。

34 館端東寮中学校グラウンド横。展望写真ということで誘っていたという。

35 倶知内国道沿い牛籠城近辺。

36 H市市立博物館駐車場下。37 Y町町立文化ホール近くの民家から。

39 歴史の道番所跡寄りS集落民家裏。

40 電話番のできる地下室に新たに銃を設置したという。その近隣、中が見えるとかと言って誘う所は催眠薬事件現場であるという。広間は現場になり得る。

41 S村 碧玉寺向かい側駐車場下。

   42 解体所の一つ 各処刑地点は広域に裏でつながっているという。  

43 K川沿い小学校。44 流通センター近く荻野目住宅地。 

49 K市内元E村流通センター南方高速道路近く。東京からの芸能人が、ここでいいから、と言われて呼ばれた所だという。地元の人が被害に会うときは、他のポイントと同じように、多くは女性に招かれていたようだという。
50 仙台市内でも専門に人間を入れ替える施設があって、稼動が始まっていたという情報があった。
 

 犯人は折角作った設備であるから利用したいのです。

 催眠薬を使って意識不明にする場合、3分間死んだ振り芝居という手口があるそうです。携帯の手口です。旅宿中室内で、飲食後帰らぬ人となった事件がありました。

 何か作戦が出来るぞと言って女性を誘っていますが、絶対に嘘です。やられるだけです。 今は地域の人を狙って数を稼ぐだけの作戦しか地下に無いのではないかと思われるほどです。イギリス人地下組織全体がそうなっているのではないでしょうか。   

 そこまでだ、とか、ここで帰れる、とかと言われると、安心して誰でも頷きますが



posted by レム at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

イギリス人の地下組織とその銃設備、麻酔術


           イギリス人の地下活動とその銃設備と麻酔術について

理由 侵入集団が日本人の戸籍を盗もうとしています。理由をいろいろと言い立てていますが、そんな膨大な作戦をやればやる程、現実に誰が偉くなっているのか。

方法 眼の前の隠れた電磁波銃で心臓を撃つ仕掛けで、銃の前に立たせる色々な工夫。また催眠電磁波。

 場所 地下ですが数多いです。組織開発であるから、どこにでも設置できるでしょう。

入ってみても、障壁の陰に隠れていて見つからないと思います。

 以下地域の銃設置箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみます。

1 雑談 たとえば、おとなしいきまじめな感じの人に誘われて、話し合い中にも撃たれる所だという。案内人を疑うことである。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。イドでなくしようとか、あれイドだとか言って誘う人がいるようだが、実は嘘で、その人も生まれ替わりのそっくりさんなのである。「そごさ行ぐべ」とあまりに簡単な誘いに警戒心をなくして、連れられる場合あるという。また、銃がある事を教えるみたいな事を言って信用させ、「ここまでだ」と言って銃の前に立たせているらしい。ここは「何もない」所。

2 外灯 陥没路 街灯の下か。陥没部が見える穴。Y町の人が狙われていた。

3 挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じ道路の並びにも挟撃地があるらしいが、そこは生きて返って来る所で、出たり入ったりしているという。

4 寄るの、夜のあるいは独り進む 穴に入ってから、更に好奇心で銃の前に誘う所。

5 サイド 写真展示を見ないかと誘っていた所。

6 製造所近辺 会合する所らしいが、更に別の部屋に連れて行く所らしい。

7 ある時は、投票などの簡単な誘いで。壁に向かってある姿勢を取らせる。

8 奥 そこイドなんだよな、などと言って一人で寄らせる所らしい。安全な気がして入る操縦室から、そこで、とかと、ちょいと誘い込まれる所らしい。

9 ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所で、観客が招かれていた。操縦室への入り口だと言って立たせる所でもあるらしい。

10 水浴 戯れに願いを掛ける所だったという。脱衣中か。また、ベッドの側で女性が待っていて、気前のいい大物の先生方を釣っていたという。12 罵声 壁に向かって声を上げる所だという。10と同じ場所にあるらしい。

13 注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階か。 

14 電磁波設備の係り。自分から影響を与えたくて入る人もいる。

16 ビデオ室 あいつの恥ずかしい所を見よう、等と誘うところであったという。

21 倉庫 工場の倉庫のように天井が高いという。軒下ともいう。

23 寝台 棚に衣類を置く時に狙われているか。寝台上でも狙われているか。

24 三角屋根 水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあるというが、ここのことか。

25 遠足。入り口から離れているからか。応援に女性の方が誘われていたという。

26 嫁に行こうと言って物を作る真似をする所。屋台ともいう。中では飲まない。

27 直進路 何が目当てかまっしぐら。15と同じく難死路ともいう。

28 待つかと聞いて撃つ所。有名な仏俳優がここで撃たれたらしい。

29 道路脇 カソリック教会裏 設備係り。  

30 元市農協跡、店舗内地下。イドやるべ、と誘う所もある。

32 市立中央図書館周辺。33 市役所下。

34 館端東寮中学校グラウンド横。展望写真ということで誘っていたという。

35 倶知内国道沿い牛籠城近辺。

36 H市市立博物館駐車場下。37 Y町町立文化ホール近辺。

39 Y町歴史の道番所跡近辺下。

40 電話番のできる地下室に新たに銃を設置したという。その近隣、中が見えるとかと言って誘う所は催眠薬事件現場であるという。広間は現場になり得る。

41 S村 碧玉寺向かい側駐車場下。

   42 解体所の一つ 各処刑地点は広域に裏でつながっているという。  

43 K川沿い小学校。44 流通センター近く荻野目住宅地。 

49 K市内元E村、流通センター南方高速道路近く。東京からの芸能人が、ここでいいから、と言われて呼ばれた所だという。地元の人が被害に会うときは、他のポイントと同じように、多くは女性に招かれていたようだという。

犯人は折角作った設備であるから利用したいのです。

催眠薬を使って意識不明にする場合、3分間死んだ振り芝居という手口があるそうです。携帯の手口です。旅宿中室内で、飲食後帰らぬ人となった事件がありました。

何か出来るぞと言って女性を誘っていますが、絶対に嘘です。やられるだけです。    

 そこまでだ、とか、ここで帰れる、とかと言われると誰でも頷きますが、それでかなりの人が帰らぬ人となっているといいます。

 事件が多いのですから、他の心配事があってもどうしても潜るべきではないと思います。自分がいなくなったら元も子もありません。

 救急車を呼ぶぞ、とまで言って脅す者がいるそうですが、やはり皆と相談して陸でがんばるべきです。穴で死ぬなど、国を売るような臆病者の態度です。

 顔がそっくりな人を出して安心させようともしていますので、顔を見ただけでは安全かどうか分かりません。

色よりも戸籍が欲しい、大勢の人間が背景にいるということを考えるべきです。

    

地域に配られていたものをコピーしました。とりあえずご参考までに。

                




posted by レム at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

両隣の家の下辺りにも銃が

今までは取り付けていなかった両隣の家の辺りの地下にも、銃を設置するかもしれない、という情報があった。

この両隣の寄り集まりの地下室というのは、他の地下と同じように全くコピーアーの生活とは触れ合うことのない部屋と思ったら、時にはコピーアーの声の送り主役もできる設備がある所だという。

また、左側の方に集まっている人たちには、私を通した地下放送の声が届いているらしい。
中が見える、と言って誘ってもいたという。
しかし、女性が一人でいると案内の男ばかりでなく、他の男達もぞよぞよと出てくる所だという。
美人に発情して催眠薬を使い、乱暴にも永遠に眠らせてしまう現場あったようだ。
銃の設置は右側の地下室だけではないかという情報もある。

どうも運動関係者の「粛清」を狙っているのでないかと疑われる節々がある。

イギリス人は大馬鹿なことの尻押しを一杯にやっているようだ。
気を付けて下さい。

銃は余裕があればどこにでも据えられるのである。

銃口や照準の眼の穴が見つかることはないのだろうか。

以前は銃でなく、飲食を誘われてやられていた人がいたのかも知れない。
銃は十五年ぐらい前から使われ出したものではないだろうか。

とにかく、近辺だけでもまだまだ設置場所が潜んでいるような情報である。









posted by レム at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

49番目殺人箇所追加

江釣子、曽山線高速道路近く、東京からの芸能人をここでいいから、と呼びつけていたらしい。地元の人も被害に遭っているらしいが、他のポイントと同じように、女性に招かれてぬかってしまった例が少なくないようだという。

他のブログにも、イギリス人の地下活動について忌憚のない報告が届けられていますので、ぜひお寄りください。
posted by レム at 13:45| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

地域の、殺人設備の設置場所

         イギリス人の地下活動とその殺人設備について

人を殺める理由 信じられない人もいるでしょうが、被害者の態度というよりも、真犯人の遊び心が根本因なのです。浅はかなもので、重大な目的も必要も認められません。
方法 隠れた電磁波銃で心臓を撃つやり方です。射程距離があります。
 場所は地下ですが数多いです。電磁波催眠もあります。
 入ってみても、見抜くことはできないでしょう。危ないだけで得ることは何もないと思います。
 以下地域の殺人箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみます。

1名づけて、こえかけ 声を掛ける所か さんだんじゅうとも言う
2 雑談 たとえば物静かなきまじめな人と話し合っているうちに撃たれる所だという。こんな所に勤めて、先生に生まれ替った人がいるという。ガイドを疑う。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。イドでなくしようとか、あれイドだとか言って誘う人がいるようだが、実は嘘で、その人も生まれ替わりであるかもしれない。
3  外灯あるいは陥没路 ここは珍しく陰に人がいて胸に照準を合わせている所でないという。プレートのようなものを踏むとどこかのスイッチを入れる所に信号が届くらしい。
4  挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じような道路の並びにも挟撃地があるらしいが、そこは生きて返って来る所で、出たり入ったりしているという。
5  寄るの、夜のあるいは独り進む 穴に入ってから、更に好奇心で銃の前に誘う所。
6  サイド 写真展示を見ないかと誘っていた所。
7  製造所近辺 会合する所らしいが、更に別の部屋に連れて行く所らしい。
8  ある時は、投票などの簡単な理由で撃っていたという。他の所でも投票させていたようであるが、そこでは撃たれていなかったようで、そこでもか、と言ってここの銃撃地に入って行った人がいたという。
9  奥 そこイドなんだよな、などと言って一人で寄らせる所らしい。
10  ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所らしいが、陰の電磁波で舌を操られているのかもしれない。観客が招かれているという。操縦室の入り口、エレベーターだと言って誘ったこともあるらしい。箱から。
11  水浴 願いを掛ける所だったという。脱衣室で狙われているのではないかという。誘われやすいよう電磁波がかけられているという。 12    罵声 声を上げる所。11と全く同じところだと教えてくれる人がいた。
13    注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階だという情報がある。 
14    そこまでやるの 日暮れまでともいう所。見下げる所。こえかけ。罵声という所もある。
15    難死路とでもいう所がここら辺にあるか。Y薬品堂から入る所ではないか。
16    ビデオ室 あいつの恥ずかしい所を見よう、と誘うところであったという。誰でも、まぁ見てみるかと思うのではないか。
17    孤語が聞こえるとか、写るんですとかと言って誘っていた所。的を狙えると言って設備に付かせるそうである。
18    二つ目 下記寝付きの側にあるから。やはり設備で誘うのであろう。
19    寝つき 寝てる時になぜ付いていなければならないのか。
20    挟撃 寝付きから。
21    倉庫 工場の倉庫のように天井が高いという。軒下ともいう。
22    インコと誰かが名づけている。寝たきりの母のベッドの下辺りか。
23    寝台 棚に衣類を置く時に狙われているか。寝台上でも狙う銃があるのではないか、と言う人がいる。電磁波催眠室であった。
24    三角屋根 めっき工場の中のように水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあるというが、ここのことか。
25    会う、と言って入る所。
26  狙う設備がある所。
27  遠足と言っていたらしい。少し入り口から離れているからか。応援を頼むと言われて女性の方が誘われていたという。
28  奥地 もっと先の方に進むと撃たれるらしい。隘路とはここのことだという。
29  嫁に行くかと言って物を作る真似をする所。屋台というのはここのことだという。
30  直進路 近くに行けるかと進む所。15と同じく難死路ともいう。
31  待つかと聞いて撃つ所。有名な仏俳優がここで撃たれたらしい。
32  道路通過中 カソリック教会裏   
33  元K市農協跡、店舗内地下
34  同店舗国道向かい側 駐車場の下か。
35  K市市立中央図書館前駐車場下。
36  市役所下
37  館端東寮中学校グラウンド横の崖の中か。展望写真ということで誘っていたという。
38  牛籠城跡近辺地下。
39  H市市立博物館駐車場下
40  Y町町立文化ホール駐車場下か。
41  桂小沢峠番所跡近辺。
42  電話室、新設。近く麻酔術現場。広間は現場になり得る。
43  S村 碧玉寺向かい側駐車場下か
  
以上が全てなどと言うことは絶対にない。イギリス人の組織の開発であるから、国内国外どこにでも据え付けられるものと思う。
設備を捜し歩いてみる、ということは無駄なことで、危険なばかりである。
三人以上のグループなら全滅を免れるかもしれないような、人をだます所である。
全員、ガイドが殺意を隠しているのを見抜けないでいたのである。

44  解体所の一つ 各処刑地点は裏で一つながりになっていて、陸に出さなくても遺体を運びこめるようになっているという。  
45  昔は昔今は今シャボン玉だね、という歌詞があるが、ラベンダーという所で、帽子に何かかぶるところだったらしい。46 K川沿い小学校 47 流通センター近く荻野目住宅地 48 30番近辺。やはり何もない所だという。ここから返れる、と誘っていたらしい。  

犯人は急いで人を殺めたがっているようです。また催眠薬を使って意識不明にする作戦もあるようで、どこの穴も危険地になり得ます。    
 誘い方の一つに、困ってしまっている女性の方などに、そこまで行ったらいいから、というような連れ込み方があるそうです。つい頷いてしまいそうですが、それでかなりの人がだまされているのでないかといいます。

    
雪strong>
       

posted by レム at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。