2005年11月17日

地域の、殺人設備の設置場所

         イギリス人の地下活動とその殺人設備について

人を殺める理由 信じられない人もいるでしょうが、被害者の態度というよりも、真犯人の遊び心が根本因なのです。浅はかなもので、重大な目的も必要も認められません。
方法 隠れた電磁波銃で心臓を撃つやり方です。射程距離があります。
 場所は地下ですが数多いです。電磁波催眠もあります。
 入ってみても、見抜くことはできないでしょう。危ないだけで得ることは何もないと思います。
 以下地域の殺人箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみます。

1名づけて、こえかけ 声を掛ける所か さんだんじゅうとも言う
2 雑談 たとえば物静かなきまじめな人と話し合っているうちに撃たれる所だという。こんな所に勤めて、先生に生まれ替った人がいるという。ガイドを疑う。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。イドでなくしようとか、あれイドだとか言って誘う人がいるようだが、実は嘘で、その人も生まれ替わりであるかもしれない。
3  外灯あるいは陥没路 ここは珍しく陰に人がいて胸に照準を合わせている所でないという。プレートのようなものを踏むとどこかのスイッチを入れる所に信号が届くらしい。
4  挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じような道路の並びにも挟撃地があるらしいが、そこは生きて返って来る所で、出たり入ったりしているという。
5  寄るの、夜のあるいは独り進む 穴に入ってから、更に好奇心で銃の前に誘う所。
6  サイド 写真展示を見ないかと誘っていた所。
7  製造所近辺 会合する所らしいが、更に別の部屋に連れて行く所らしい。
8  ある時は、投票などの簡単な理由で撃っていたという。他の所でも投票させていたようであるが、そこでは撃たれていなかったようで、そこでもか、と言ってここの銃撃地に入って行った人がいたという。
9  奥 そこイドなんだよな、などと言って一人で寄らせる所らしい。
10  ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所らしいが、陰の電磁波で舌を操られているのかもしれない。観客が招かれているという。操縦室の入り口、エレベーターだと言って誘ったこともあるらしい。箱から。
11  水浴 願いを掛ける所だったという。脱衣室で狙われているのではないかという。誘われやすいよう電磁波がかけられているという。 12    罵声 声を上げる所。11と全く同じところだと教えてくれる人がいた。
13    注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階だという情報がある。 
14    そこまでやるの 日暮れまでともいう所。見下げる所。こえかけ。罵声という所もある。
15    難死路とでもいう所がここら辺にあるか。Y薬品堂から入る所ではないか。
16    ビデオ室 あいつの恥ずかしい所を見よう、と誘うところであったという。誰でも、まぁ見てみるかと思うのではないか。
17    孤語が聞こえるとか、写るんですとかと言って誘っていた所。的を狙えると言って設備に付かせるそうである。
18    二つ目 下記寝付きの側にあるから。やはり設備で誘うのであろう。
19    寝つき 寝てる時になぜ付いていなければならないのか。
20    挟撃 寝付きから。
21    倉庫 工場の倉庫のように天井が高いという。軒下ともいう。
22    インコと誰かが名づけている。寝たきりの母のベッドの下辺りか。
23    寝台 棚に衣類を置く時に狙われているか。寝台上でも狙う銃があるのではないか、と言う人がいる。電磁波催眠室であった。
24    三角屋根 めっき工場の中のように水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあるというが、ここのことか。
25    会う、と言って入る所。
26  狙う設備がある所。
27  遠足と言っていたらしい。少し入り口から離れているからか。応援を頼むと言われて女性の方が誘われていたという。
28  奥地 もっと先の方に進むと撃たれるらしい。隘路とはここのことだという。
29  嫁に行くかと言って物を作る真似をする所。屋台というのはここのことだという。
30  直進路 近くに行けるかと進む所。15と同じく難死路ともいう。
31  待つかと聞いて撃つ所。有名な仏俳優がここで撃たれたらしい。
32  道路通過中 カソリック教会裏   
33  元K市農協跡、店舗内地下
34  同店舗国道向かい側 駐車場の下か。
35  K市市立中央図書館前駐車場下。
36  市役所下
37  館端東寮中学校グラウンド横の崖の中か。展望写真ということで誘っていたという。
38  牛籠城跡近辺地下。
39  H市市立博物館駐車場下
40  Y町町立文化ホール駐車場下か。
41  桂小沢峠番所跡近辺。
42  電話室、新設。近く麻酔術現場。広間は現場になり得る。
43  S村 碧玉寺向かい側駐車場下か
  
以上が全てなどと言うことは絶対にない。イギリス人の組織の開発であるから、国内国外どこにでも据え付けられるものと思う。
設備を捜し歩いてみる、ということは無駄なことで、危険なばかりである。
三人以上のグループなら全滅を免れるかもしれないような、人をだます所である。
全員、ガイドが殺意を隠しているのを見抜けないでいたのである。

44  解体所の一つ 各処刑地点は裏で一つながりになっていて、陸に出さなくても遺体を運びこめるようになっているという。  
45  昔は昔今は今シャボン玉だね、という歌詞があるが、ラベンダーという所で、帽子に何かかぶるところだったらしい。46 K川沿い小学校 47 流通センター近く荻野目住宅地 48 30番近辺。やはり何もない所だという。ここから返れる、と誘っていたらしい。  

犯人は急いで人を殺めたがっているようです。また催眠薬を使って意識不明にする作戦もあるようで、どこの穴も危険地になり得ます。    
 誘い方の一つに、困ってしまっている女性の方などに、そこまで行ったらいいから、というような連れ込み方があるそうです。つい頷いてしまいそうですが、それでかなりの人がだまされているのでないかといいます。

    
雪strong>
       

posted by レム at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。