2006年09月03日

イギリス人の地下活動とその日本国土における人口入れ替え術について


      イギリス人の地下活動とその入れ換え事件の手口

 理由 潜入集団等に日本人の戸籍を与えようとしている。理由をいろいろと言い立てているが、そんな膨大な収奪作戦をやればやる程に何かの準備が成っているというものではない。

 方法 色仕掛けの飲食。地下室ホテルの部屋に入る前入ってから。眼の前の隠れた電磁波銃で心臓を撃つ仕掛け。その位置につかせるあるいはその前を歩かせるいろいろな工夫。
 他にスポイト注射、催眠剤手当て等。

 場所 銃設置の場合。地下であるが数多い。組織開発であるから、どこにでも設置できる。コピー係り周辺は環七のように設備が巡っているという。
 入ってみても、障壁の陰や箱の中に隠れていて見つからないと思う。

 安全に、見て確かめるということのできない仕掛けである。
 そっくりさんが生まれ換わるのであるから、着々と計画的で、準備ができ次第順番に狙われているようである。大量に遊びたいのである。

 以下地域の銃設置箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみる。

 1 雑談 たとえば、親しげなきまじめな感じの人に誘われて、話し合い中にも撃たれる所だという。「何もない」という所。

 2 一般に、案内人を疑うことである。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。
 xxでなくしようとか、あれxxだとか言って誘う人がいるようだが、だましである。地域の人のようでも生まれ替わりのそっくりさんの場合もある。xxと言う時、xxやった奴という洒落の場合がある。
 この無目的大量ポルポト作戦の遂行に、Y町関係者も頼まれているようだという情報がある。
 「そごさ行ぐべ」と言うだけの誘いに、かえって警戒心をなくして連れられる場合もあるという。妥協的に「ここでいい」とも言う。
 また、銃がある事を教えてるみたいなことを言って信用させ、「ここまでだ」「そごばりだ」と言ったり、安全な「縦貫道」だなどと嘘をついて、罠にはめているともいう。
 銃眼が身近に何十箇所もあると思うべきである。そして何十人も隠れていることもできる。そういう環境で、「そこだ」と特定的に指差す。
 とにかく今は逆襲戦の大芝居を打つところなので、xxいないふり、xx弱いふり、そしてxxでないふり。「そこだげだxx」「じゃ、xxねな」(性搾取の相手がxxでないと言っているだけのことがある)「やめだxx」(xxやった奴だ)「xxだばだめだな」(確かめてもいる)
 たまねぎのように入れ替わって別の人別の誘い口が出て来て、xxから守ってくれるような事を言い、遂には信用させ、どうしても穴に引っ張り込もうとする。
 仲間が何人もいると思っていたのが、実は全員犯人側で、穴の中でギラギラと化けの皮をはがしているという。もはや人殺めなのだから。
 地下から届く声は全部、獲物を釣る為のアナウンサー放送である。
 要するに、回りにいる地下係員は全員、地域の人に化けたりして、今あなた一人をだまし狙う為に、指示を仰ぎだまし討ちを受け持っている人達であると思っていい。

 4 挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じ道路の並びに光カプセル。Y堂薬店から進み入る。散弾銃とも言われていた。

 5 寄るの、夜のあるいは独り進む 衝立。

 6 サイド 写真展示室。忙しい人を誘う場合。

 7 製造所から 

 8 ある時は、輪投げ投票などの簡単な誘いで。壁に向かってある姿勢を取らせる。最近移動して、コピー係り住居廊下下玄関側に構えているという。放送室みたいに高くなっているという。

 9 奥 そこxxなんだよな、などと言って一人で入らせる所らしい。隘路点での射撃であったらしい。

10 安全に思っている「機関室」から、そこで、とかと誘い込む死地への通路がある。4と同じだという。

 11 ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所で、観客が招かれていた。操縦室への入り口だと言って立たせる所でもあるらしい。箱の中から狙っていた。他方向に休む所。月見。

 12 水浴 戯れに願いを掛ける所だったという。脱衣棚。ベッドの側で女性が待っていて、気前のいい大物の先生方を釣っていたという。12 罵声 壁に向かって声を上げる所だという。11と同じ場所にあるらしい。

 13 注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階か。
 
 14 電磁波設備の係りの誘い。あちこちにあると思われる。

 15 M公民館近辺、逆進。I銀裏、箱射撃。館風建物から灯油販売所近辺。ここから、と言って東京からのお客さん方を誘い入れていたという。またK銀裏喫茶店駐車場下。

 23 寝台 寝台上か。地下では飲まない、眠らない、くっ付けない。

 24 三角屋根 水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあると聞いていたが、入り口に据え付けられていたそうである。隘路点を這って抜け出てきた人もいたそうである。隣に市民独自作戦を見せかける市民ホール。隣の地下現場におびき寄せる手であろう。

 26 嫁に行こうと言って物を作る真似をする所。屋台ともいう。閉じ込めてしまうような所もあるという。

 27 直進路 何が目当てかまっしぐら。15と同じく難死路ともいう。小部屋。

 28 待つかと聞いて撃つ所。「ここから帰れる」

 29 道沿い ローソン。「ここでいい」あるいは興味から。  

 30 元市農協跡、スーパー店舗地下。同系列他店舗駐車場下に遺体展示室の噂。他系列のタウン駐車場下には遺骸の山があるという。

 32 K市立中央図書館周辺。

 34 館端東寮中学校近辺。展望写真ということで誘っていたという。

 35 倶知内国道沿い牛籠城近辺。

 36 H市市立博物館駐車場下。W町Getto。

 37 Y町町立文化ホール近く民家から。

 40 中が見えるとかと言って誘い入れる所はガス室であったという。薬物入り飲食で接待する部屋もあったという。

 41 S村 碧玉寺向かい側駐車場下。42 解体所 各地点と広域につながっている。  

 43 K川側小学校。44 流通センター東南荻野目住宅地。 

 50 所構わぬ地下室遺棄事件も馬鹿にならないという。日光とか法隆寺とかの地下まで囁かれている。日光では飲酒事件だったという。

 51 東京五反田方面。日本国各地で売春作戦が展開されているようである。

 犯人は折角作った設備であるから利用したいのである。
 3分間死んだ振りという騙し手もあったそうである。旅宿中、睡眠薬入りの膳に就いてそのまま帰らぬ人となった事件もある。
 また、入れ換わり家族による家庭内「ないさつ」。いろいろな個室地下室無音作戦があると思われる。
 何かうまい作戦があるぞと言って女性を誘っているが、絶対におびき寄せの手である。    
 ここで帰れるとか、行かなくていいからとかと言う、気休めの誘い術もある。
 今は訪問者を、最終的には眠らせてしまうだけの地下への誘いとなっていると思うべきで、誘う人なら誰でも犯人と疑うべきである。
 全地下組織の最後の方角として、日本国日本人被害の図が描かれようとしているのではないだろうか。
 自分がいなくなったら元も子もないのだから、脅されても潜るべきでない。皆と相談して陸でがんばるべきである。穴で死ぬ事は、国を売る事である。自分のそっくり相続者が更に縁者周囲の人を釣ろうとするであろう。
 にせもの市民として暮らして行くために、残った家族も邪魔にするような残忍さがある。
 顔を見ただけでは安全と思うことはできない。
 そっくり人間を練成する技術を持った組織が、犠牲者の戸籍を大量に外国人に与えようとしているのである。それだけの人数が背後に控えているのである。
    
 地域に配られていたものをコピーしました。とりあえずご参考までに。
                     ボランティア市民グループ
posted by レム at 14:10| Comment(44) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。