2006年05月13日

閉じ込めてしまう部屋があるそうです

パンチグッド(上向き矢印)


今までに挙げてきた事件の手口として、電撃、麻酔の二つがあったが、数が少ないようであるが、もう一つ地下室に閉じ込めてしまう仕掛けもあって、ある種の有名人が囚われてしまっていたようだという情報がある。
恐ろしい、痛ましいことで、人を人と思わない乱暴な遊び人の仕事である。

侵入家族に密かに殺められて、前の家族が全滅してしまっているようだという、「内殺事件」も、二三聞いたことがある。
後に他のそっくり家族が入って、何事もないみたいに全くの赤の他人達が、入れ替わってその家屋敷に着生し、暮らしているのである。

遣り口は分からないが、電撃設備のない、穴に「追っ込む」事件も所々で起きていたようである。




posted by レム at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

女性を麻酔術にかけて「医務室」に運ぶ野蛮について

exclamation

exclamation×2exclamation×2 タコ注射

女性の被害は意識不明事件によることが多いと思う。
前に、東京の日暮里辺りの施設で、朝から、犠牲者の女性を高校生の性遊びの玩具にしていて、陰唇遊びとか、妊娠遊びとかと名づけていたという話を聞かされたことがあった。
例の差別政策に塗れた工作員達が、言う事を聞かない女性を懲罰するような意味合いで、意識不明室に閉じ込めたのかもしれない。
もちろん組織開発の麻酔術の確立が指導したものに違いない。
刑務所病院だか精神病院だかで、意識不明状態にされた女性が、男の看護人に常習的に性行為を働かれて、何度か妊娠までさせられていたという事件が発覚して新聞に載ったことがあった。
それがヒントだったのかもしれない。
逆に、そういう風習が漏れ出た一例なのかもしれない。
刑務所などの施設で性暴行が働かれているという噂をよく聞かされることがある。
地下活動の世の中の乱れによるものであろう。

とにかく、客観的な報告に徹して申し上げれば、コピー係りの近辺に医務室が二つある。
事件の内容を見れば、最初は、全体の「イド」展開作戦の前哨戦として、意識不明事件が編まれていたことが分かる。
すっかり後で割れる事件である。
被害者と担当者と。
隠しビデオまで取り付けていた所がある。
若い女性の意識不明事件に限ったことではない。
全体的に、「イド」逆襲大作戦のバネになるような事件の指導が下されていた。
言い訳がましくて申し訳ないのであるが、医務室出の者が、コピー係りの支えについてらか、と言ったというのが本当のようであったらしい。
その人の場合、ついていないので良かったというのが本心なのかもしれない。
何にしても、組織の技術と設備の用意と指示に従わされた多人数の作戦であったはずである。

前に寝台でも女性がやられている、という報告を記したことがあった。
銃のことばかり考えていたので、しんだいには銃が二台据え付けられている、と書いたのであるが、ここは麻酔をかける所だったのである。
応援に潜った女性が、相手をしている時に、タコ針注射を受けてしまうのであるらしい。
乳房とか唇とかに刺すものだという。
コピー係りを指差すが、あからさまに、失礼ながら、痛ましくも、無駄に忙しい作戦である。
わざと19歳のうら若い女性に限って遊びのように狙わせていたことがあった。
色欲目的など嘘みたいな穢れた嫌なもので、せいぜいが事件冒険主義の奥しかなかったであろうが、今では大人数の控えを背景にした入れ替え作戦の、戸籍狙いということがある。

相手をしている最中ばかりでなくとも、三分間死んだ振り芝居の誘いで眠らせてしまうこともあったらしい。
旅館などの運動員だけの部屋で食事をしている内に、意識を失ってそのまま帰らぬ人となってしまったという例もいくつかあるようだ。



posted by レム at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。